読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「紳士」なノート

おすすめグッズ

こんにちは!今日は昨日買った素敵なノートについて書きます。

 

見つからない理想のノート

昨日私はロフト池袋店にノートを買いに行きました。ブログやツイッターで発信するネタをためておくものがほしかったのです。いつでも書き込みたくなるような、開きやすくて書き心地の良いものを買おうと思っていました。なので第一候補は定番モレスキンのノート。しかし手に持ってみると何かが違う。しっくりこない。その原因はカバーが堅いことでした。しっかりしているのでぱっと開けないのです。これでは思い立ってすぐ書けないと思い、買うのをやめました。その後もノートコーナーをうろうろして自分に合うものを探したのですが見つからない。いいな、と思ってもカバーが堅いか値段が高すぎるんです。諦めるか...と通路に出たときに見つけました。「こだわりノート特集」のコーナーを。

「紳士なノート」

こだわりノート特集の一角にあるノートのキャッチコピーです。一目で心を掴まれました。「でもノートが紳士ってどういうこと?」これが初めにもった感想。見本を開いてページを触ってすぐに「紳士」の意味が分かりました。とにかく滑らかなんです。絹みたい。その上質感を表すとしたら「紳士」以外の表現が見つかりません。もう他のノートは目に入らなくなりあっという間に購入しました。ちなみにお値段は900円プラス税金。

 

ペンを書き心地で選ぶように、紙も書き心地で選ぶ。こだわる大人のためのノート、「Premium C.D. NOTEBOOK」。

 

 

 

書き心地

家に帰ってさっそくいつも使っているボールペンでこの記事の原稿を書き始めました。するとなぜかとてつもなくはかどるんです。「紙が違うだけでここまで変わるのか!」と驚きました。蛍光ペンシャープペンシル、鉛筆などあらゆる筆記具で試し書きしましたが、どれでもストレスフリーに書けました。

おわりに

 たかがノートと思っていても意外と違いがあるもの。今一度素敵なノートを探してみてはどうですか?