読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組体操並みにマット運動は危険だと思う件について

 

こんな記事を見た。 それで考えたことを書く。

www.asahi.com

 

組み体操が危ないという話が最近多く聞かれる。

確かに事故によるけがは重篤であり、こんなことが相次いではいけないと思う。

組み体操は危険だ。

しかし、問題視すべきなのは組体操だけなのか?

上記記事の中に

体育はすべての子供が取り組む。不安な状況が起こりうると予見するのは教員の責務だと思う。

 という発言がある。

でも「不安な状況が起こりうる」のは組体操だけなの?

マット運動でだって十分起こりうるんじゃない?

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

こんなことを書いているぐらい私はマット運動大嫌いなカチコチ人間だ。

 
そんな人間からすると組体操並みにマット運動は危険だと思えて仕方ない。

 
だって常に首を折る恐怖がそばにあるのだ。

 
首に全体重がかかることだってあるし、いつか本当に折れると思う。

 
全体重なんてかかるわけないと思う人はきっとマットが得意な人だ。

 
できない人、堅い人ほど危険な目に遭いやすくなるんだ。マットは。

 
まあ実際に折ったケースがどれくらいあるのかは調べていないんですがね。

 
組体操と違って恐怖を共有する相手もいない。

 
体育教師はみんなできるもんだと思ってるから、できないとは言えない。

 
恐怖から逃げる手段はない。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

マット運動が危険だと言ったら他にも危険といわれるものが出るだろう。


柔道は危険だ・相撲は危険だ・水泳は危険だ……


サッカーやバレーボールだって危険だと言おうと思えばいくらでも言える。

どんなスポーツでも完全に安全だなんて言いきることはできない。


だから組体操は事故があって危険だからやめるべきという意見は理解できない。


危険であることなんて最初っから分かり切っているではないか。 


組体操をやめるならマット、いや、体育をやめればいいのに。


でもそんなの無理でしょう?


じゃあこのままでいくしかないですよね(笑)。

 

 

おすすめの本紹介コーナー

 読むたびに違った感想を持ってしまう本です。単純に面白かったのでおすすめ。

 

文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)

文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)

 

 文豪がいっぱい出てくるのが楽しい。文学史の勉強にも意外と役に立ちます。雑学がつくって感じかな。