読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストサンタは腕時計

日記的な記録

 

お題「腕時計」

久々に書きたくなっちゃいました。お題を回して出てきたので腕時計の話書きます。

 

 

私の持ってる腕時計は一つだけで、もうすぐ使い始めから5年。

この子です。(画像は楽天から)

  ディティール

5年たってるんですが全然愛着が薄れない。なぜなら思い出の品だから。

この子がサンタさんにもらった最後のプレゼントなんです。

 

私の家はサンタさんと契約を結んでいます。(by親)

内容は、小学校の間はプレゼントをくれるというもの。

中学校に上がったらもうもらえなくなることは前々から言われていました。

今思い返すと、当時はかなり何をもらうか悩んでたなあ。

結局、ずっと使えて身近におけるもの、ということで腕時計を選びました。たぶん。

 

ところで、私の家では、何がほしいかを親に言う必要があります。

(プレゼントをくれるのはサンタさんなのにおかしいな~)

そこで腕時計がほしいと伝えたら、選びに行こうといわれました。

初めて行ったロフトの時計売り場は今でも鮮明に記憶に残ってます。

ガラスのショーケース内にいっぱい時計が詰まっていてまぶしかった。

 

でも、いっぱいある中でなぜかこの子だけに一瞬で目を奪われました。

一目惚れってあるんだなってその時初めて思った。

茶色ともワインレッドともいえぬような絶妙な色味に囲まれた淡い紫の文字盤

文字盤に控えめに光る銀の筋

アクティブなデザインなのに漂うエレガンス

すべてが私を虜にした。

これにする!って言って家に帰ってクリスマスまで待っていました。

25日の朝にツリーの下にこの子を見つけたとき、幸せでした。本当に。

 

とはいえ小中学生のうちは腕時計をするシチュエーションがなかったんです。

いうならば机上の飾り物状態でした。引き出しのなかだったかも。

高校生になってからが本格的な相棒生活の気がします。

この子をつけないと一日が始まった気がしないんです。

腕に回してキュッて締めると心も引き締まる感じ。お世話になってます。

私のやる気スイッチとしていつも働いてくれてありがとう、って言いたいな。

 

こんな感じなんですが、困ったことが一つ。

一年で30秒ずつぐらい早くなってるんです。確実に。

いやあ、直したいです(切実)。どうやればいいんでしょうねえ。

 

以上、久々の更新でした。

かなり間が開いて、ブログに対する考えとかが変わりました。

書きたいときに思ったことをつらつら書く場所になりそうです。

やっぱり文章書くのって楽しくていいですね。ストレス解消に効きそう。

とはいえ一番の解消法の睡眠を削っているので今回はここまでにします。