読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れっつしぶん!

さんざん今年に入って色々気合い入れたことを書いておりましたが、またしても大転換することにしました。

国公立を受けるという選択肢を手放すことを決めました。

私文一本。

さんざん今まで私文は逃げてると思ってきていた自分が私文を選ぶなんて驚き。

 

 

結局のところ東大を目指していた動機というものが認められたい気持ちだったり目立ちたい気持ちだったりで、真の希望ではなかったということです。

人に頑張ったねって言われるためにやるってやっぱり空虚だ。

 

ちなみにこれを指摘してくれたのは親です。

私の親は今まで一度も私に勉強しろといったことがありません。

むしろ私が勉強していると、もっと遊べ、もっと楽しく生きろと言ってきます。

楽しく生きるって何だろう、と考え始めたら私にはわからなかった。

それを考えない言い訳を勉強に求めているのではないか、とズバッと切り込まれました。

たしかに勉強だけしているってとても楽だ。

何も考えていなくても勉強しているといえば許される。

......でもそれ以上の成長はない。

だったらもう少しゆとりをもって自分の人生の楽しさを感じて生きるのがいいなって思います。

 

だからって勉強しないで名も通らないような大学に行くのは申し訳なさすぎるしそんなのはプライドが許さないので、私文の頂点狙いに行きます。

英語と国語と世界史、これを極めつつ楽しい生活をする一年の先には何が待っているのか楽しみです。